ドメイン登録、取得から更新までをサポートをしてくれる代行会社についての情報を更新していきます。いくつかある代行会社の中から私が関わったものでメリット・デメリットなどもお話していきます。

ドメイン取得する際の文字数とwhois情報について

ドメインには好きな文字を入れても良いですが、文字数が長すぎるとユーザーに覚えられにくくなります。

サイトが有名になってくるとドメイン名をそのまま入力して検索してくる人が増えてくるため、ブランディングを意識する場合は文字数は少なく、分かりやすい名前が後々有利になってきます。
現在のGoogleアルゴリズムは、サイト名検索をされるようなサイトを非常に高く評価する仕組みになっているため、覚えやすさ、短さは大切です。

また、一時はseo対策したいキーワードをドメイン名の中に含ませておくと上位表示がしやすいといった傾向もありました。
最近はそのような施策を図っても上位表示が簡単にできるわけではありませんが、日本語ドメインで抑えたいキーワードを取得すると、ユーザーが検索結果を見ている時に目に留まりやすく鳴るポイントにもなります。

その他に注意すべき点にはwhois情報というものがあります。
whois情報にはIPアドレスやドメイン名の登録者などに関係する情報が記載されます。

これはネットワーク運用の際に、技術的な問題が発生したときの連絡用、トラブルを自律的に解決できるように、必要な情報を提供しています。

しかし、個人でドメインを取得するとなると、自分の名前などが表示されてしまうことになり、不安を覚える方もいるでしょう。
そのような場合は、ドメインの管理会社が代わりにwhois情報の表示を代行してくれるサービスもあります。

ほとんどのサービスでwhois情報の開示代行サービスを行っているため、ドメインの取得をする際には文字数が長すぎずシンプルで分かりやすい名前になっているか、whois情報の開示代行サービスがあるかどうかに注意していきましょう。