ドメイン登録、取得から更新までをサポートをしてくれる代行会社についての情報を更新していきます。いくつかある代行会社の中から私が関わったものでメリット・デメリットなどもお話していきます。

キーサードを重視したドメイン選びとwhois

ドメインの選定については特にアルファベットの綴が重視されることが多いのですが、アルファベットの綴についてはキーサードが重視されることが多いです。これまでは企業名であったり、商品名であることが多かったのですが、キーワードを重視して選択することで視聴者にも覚えられやすく、また、商品やサービスを紹介しやすい、検索サイトで評価されやすいなどの利点があげられています。この内、検索サイトでの評価についてはドメイン名はあまり関係ないという意見も多いです。ドメインを利用する際問題となりやすいのがwhois情報です。whois情報は基本的に公開されます。しかし、メールアでレスや住所、電話番号なども公開されてしまうので悩む方が多いのです。しかも、修正は可能ですが偽名で登録するのは問題となります。企業の場合は公開情報で対応できますが、個人やグループの場合は問題です。そこで各レジストラでは匿名サービスを始めています。匿名サービスではwhois情報をレジストラが代行します。もちろん、警察などからの情報公開請求があれば応じることになりますが、個人などからの請求には応じないことが多く、個人情報を守りながらドメインが利用できると好評です。ただし、すべてのレジストラが対応しているわけではありませんし、ドメインによっては匿名に対応できないものもあるので注意が必要です。基本的にはどのドメインでも対応できるのですが、CO.JPなど取得にいくつかの条件がある場合には対応できないケースが多いです。また、匿名になっているうちはドメインの移管もできないので注意したいところです。所有者変更する際も一旦公開されることになりますので注意したいです。