ドメイン取得は代行会社に頼るべし

ドメイン登録、取得から更新までをサポートをしてくれる代行会社についての情報を更新していきます。いくつかある代行会社の中から私が関わったものでメリット・デメリットなどもお話していきます。

ドメイン取得を代行会社に頼んでいる女性の画像

ドメイン取得の際のおすすめ代行会社は

Whois情報公開代行が良いでしょう。何を代行するかは業者によって変わってきますが、はっきり言って手続きや管理の代行は自分でやったらよいです。難しいことのように言って代行を受けようとする業者もありますが、難しいことではないのである程度調べれば特に不要です。
しかし、情報公開に関しては代行があった方が良いです。ドメイン取得の際には名前や連絡先の記載があるのですが、この情報はネット上で誰でも検索できるようになります。ドメイン自体の透明性を図るという目的ではあるのですが、公開されると困るでしょう。また、途中で公開されていることに気づいた人をターゲットにするために、途中から情報公開を代行しようとした人は年間にいくらかの手数料を取るというドメイン業者もあります。
なので、取得の際に情報公開を代行してくれる業者を登録しておいた方が良いです。それがWhois情報公開代行です。これに登録しておけば、その業者の情報が代わりに公開されます。また代行業者に提示した情報は誰でも検索できるようなことはないので安心です。
上述したことに気を付けておけば問題ないでしょう。しかし、一連の作業を行う場合には体験者のブログなどを一応見ておいても良いです。数年違えば事情も変わっているかもしれませんが、参考にはなります。また運よく直近でやった人がいればそのまま参考になります。
調べ過ぎていても時間も労力も掛かります。しかし、調べなさ過ぎてもあとで失敗したと思う可能性もあるでしょう。そのためある程度のバランス感覚が重要です。自分でブログやサイトをやる場合はいろいろ登録手続きなどがあったりします。その際にはどれだけ調べるかなどの感覚が案外重要です。

ドメイン取得!代行会社がしてくれる事を具体的に説明

ドメイン取得自体は簡単です。また、更新の手続きなども特にそれほどでもなく、管理と言ってもさほどやることもないです。しかし、独自で取るのには一つ問題があって、それは個人情報を登録する必要があるということです。ドメイン取得で登録した情報は見られてしまう可能性が高く、普通のサイトへの登録とはわけが違います。
その個人所法を守るために代行会社を経由させるのが良いです。代行会社のしてくれることは、この個人情報登録を代行会社の名前でやってくれるということです。会社によってはその他の管理などもやってくれる場合もあるのですが、そこはたいした問題ではないでしょう。ネット上の目立つところに個人情報をさらさないで済むというのが一番のメリットです。
あとから公開しておく個人情報を入れ替えることもできるのですが、ドメイン業者によっては後から仲介を入れると年間の手数料がかかるという仕組みの業者もあります。この辺はケースバイケースなので、事前によく調べておいた方が良いです。ブログやサイトでこの辺の話を書いている人も多く、失敗談なんかも書かれています。注意点も書いてくれているので参考にすると良いです。
インターネット業界は特に変化の激しい業界なので、数年前の記事だと事情が変わっていることも多いですが、その前提で参考になるものは多いです。
一つも損をしないようにと肩に力を入れ過ぎても作業が進まなくなりますが、適当にやりすぎてこういったところで足元をすくわれることも多いです。何事もバランスですが、ブログやサイトを一人でやる場合には特にバランスよく調べて配信してをやっていくと良いです。こういった登録もどこまで調べるかはバランスよくです。

独自ドメインのメリットとは?

独自ドメインのメリットは大きく分けてふたつあります。まず一つは、サイトを自由に引っ越しさせることができるという点です。引っ越しと言ってももちろんドメインを変えるという意味ではなく、レンタルサーバーなどを自由に変えることができるということです。
レンタルサーバーや無料ブログサイトのサービスを利用する際にはドメインを借りることができるのですが、これはもちろんそのサイトに依存するものです。そのサイトの利用を停止すれば当然その権利は失効します。ちなみに、無料ブログに関しては所有権がサイト運営側にあります。いつでも消される可能性があるということです。
そして二つ目の理由は、seoの点です。seoに関しても、独自ドメインが有利です。グーグルはサイトの傾向で評価する面もあります。どういうことかというと、独自のものを取得しているサイトの方が平均してクオリティが高いということです。自分でわざわざ取得しているのですから、無料ブログなどに比べてやる気が合ってブログやサイト運営している場合がほとんどです。また企業も独自でもっている場合が多いので、それはきちんとしたサイトです。
また、無料ブログサイトやレンタルサーバーのドメインを使用している場合、そのサイトのseo評価の影響を受けます。一部の領域を借りているので当然とも言えますが、元のサイトの評価が低ければ自分のものも表示されにくくなるのです。そして、その元のサイト内での表示順位争いもあると言われています。これは、グーグルも同じサイトのものばかり表示するわけにはいかないため、そのサービスで運営しているブログのうちの何割かに絞って表示するというようなことです。